ひげ脱毛は毎日の肌への負担が少なくなります

ひげ脱毛は自己処理で肌トラブルなどを起こさないためにも良い選択と言えます。

ひげは殆どの男性が毎日処理していますが、カミソリや電気シェーバーを使用して処理をする場合やサロンなどに行かずにひげの処理頻度を減らすために毛抜きでひげを抜く場合もあります。自己処理は肌トラブルを招くことがあり、特に毛抜きを使用して自己流でひげ脱毛をすることは控えます。

ひげを毛抜きで抜くと埋没毛や毛のう炎などになるだけではなく、炎症が起きたり、毛穴が隆起した状態になってしまうこともあります。カミソリで処理することもありますが、カミソリでの処理はひげだけではなく、肌も一緒にカミソリで削ってしまうことがあり、炎症を起こしやすくなります。また毎日カミソリでひげを剃ると色素沈着を起こし黒ずみの原因となってしまいます。ひげを毎日自己処理をして、ひげは綺麗に剃れているのに肌がくすんで見えたり、赤みやニキビができるなどの症状はひげを自己処理しているために起こっている症状なのです。これらの肌トラブルを避けるためには、カミソリは刃をまめに交換して少しでも肌へ与える負担を少なくし、剃る時は深剃りが可能なため逆剃りする場合もありますが、逆剃りは肌へのダメージが大きいため、カミソリで剃る場合には毛の流れに沿って剃ります。

また、ひげを沿った後は肌がデリケートになっているため保湿します。専用のローションでも良いですが肌につけるスキンケア商品であれば問題はありません。ひげが濃く処理に時間がかかったり、剃った後が青くなってコンプレックスを感じる場合には、脱毛サロンなどでひげ脱毛をすることも良い方法です。ひげが濃いと1日に2回剃ることもあり特に肌に負担をかけやすいものです。ひげ脱毛をすることで肌への負担も少なくなり、肌が綺麗になり自分に自信がもてるようにもなることが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *