大人ニキビが出来る原因

にきびと言えば10代の若い世代に出来る、肌トラブルというイメージがありますが、最近は20代30代と大人世代に、にきびに悩む方が増えています。

20代30代に出来たにきびは「大人ニキビ」とも言われており、特に女性に多いのが特徴です。10代のにきびは性ホルモンの分泌が活発になる事で起こりますが、大人ニキビの場合、原因は多岐にわたります。大人ニキビの原因の1つと言われているのが、「メイク」です。仕事をするようになると、毎日メイクをしなければいけません。肌に合わないファンデーションを使い続ける、クレンジングでメイク成分が落ち切れなかったりすると、にきびが出来やすくなってしまいます。

この他に、女性ホルモンのバランスが崩れる事でも、大人ニキビは出来やすいようです。仕事や家事などで、女性は日々ストレスを感じています。ストレスがかかると、女性ホルモンのバランスは崩れやすくなってしまうのです。女性ホルモンではなく、男性ホルモンの「テストステロン」の働きが優位になると、皮脂の分泌が過剰になります。

にきびは、皮脂をエサとするアクネ菌が増殖して起こる肌トラブルなので、女性ホルモンのバランスがおかしくなり、皮脂が多くなると途端ににきびが出来やすい状態となってしまいます。この他にも肌の乾燥や、バランスの悪い食生活、睡眠不足などもにきびが出来る原因です。まずはスキンケアやメイクの見直し、バランスの良い食事を心がけるなど、ライフスタイルを見直して大人ニキビに対応しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *