ストレスからできるニキビ

ニキビの原因にもいろいろありますが、意外によく言われているのはストレスからできるタイプです。

仕事が忙しいとか、人間関係で悩んでいたりするなど、とにかく心にのしかかるようなストレスの原因はたくさんあります。気がついたら幾つか顔にニキビが出来ていてショックを受けたという人も少なくありません。しかも治り難いのですから、腹立たしい事この上ない訳です。心理的なストレスもあれば、物理的なストレスもあります。

どちらも心身に負担をかけるという点では変わりませんので、なるべく普段の生活で睡眠を取ったりするなどしてストレスを減らしていきましょう。あまりにストレスが増えすぎると、自律神経が働きすぎてしまいます。本来なら正しい働きではあるのですが、体を守るために行っているのに男性ホルモンの分泌がされたり、興奮物質を司る交感神経が活発になってしまってノルアドレナリンが増加するなどして、肌にはよくない影響を与えてしまいます。

これらの分泌物質は皮脂の分泌を促していくので、ストレスが長く続くと肌の状態もオイリーな状態に傾いていきます。ニキビの出来やすい肌環境に変化してしまうと言っても過言ではありません。それに、男性ホルモンには肌を固くする性質まであるので、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。こう考えると、ストレスを溜めてもいいことはありませんから、ニキビを作らないためにもなるべくストレスのない生活を心がけてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *