ニキビの早期の治療には皮膚科に行くことが大事

ニキビというと、一般的に中学生や高校生の思春期にできるイメージがあります。

ですが、毎日の生活習慣の乱れが原因で、大人でもニキビに悩む方が多くいます。顔にできてしまうと、他人から見ると不潔な印象になってしまいます。そもそも大人ニキビができる主な要因は、人間関係や仕事などによるストレスによるものです。人間はストレスをため込むと、多くの男性ホルモンを分泌してしまう性質があります。この男性ホルモンには、皮脂を過剰に分泌する機能があるのです。

よって、皮脂が毛穴に詰まりやすくなるので、ニキビの原因となります。その他にも、毎日の睡眠不足も原因となります。人間というのはきちんと眠らないと、体内のホルモンが乱れてしまいます。その結果、肌の皮脂の過剰分泌につながるからです。顔にできてしまったら、早期に治療を行う必要があります。そのためには、なるべく早く病院で治療を受ける必要があります。病院での治療は、まずニキビの症状を詳しく知るためにカウンセリングを行います。

カウンセリングでは、具体的な肌の症状、食べ物の好き嫌い、生理の周期などについて詳しく質問されます。そのカウンセリングの結果、患者に応じた治療方法が提案されます。一般的な治療法として、塗り薬が処方される事が多いです。塗り薬は、菌の繁殖、炎症を抑えたり、肌の新陳代謝を高める薬などが処方されます。その他にも、症状がひどい場合は、レーザー治療、また生活習慣の指導によって治療が行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *