大人ニキビの原因と対処法

思春期は成長ホルモンによって皮脂の分泌が盛んになり、皮脂線の多いおでこや鼻(Tゾーン)にニキビが集中しますが、大人ニキビの場合は乾燥した肌に出来やすい傾向があり、乾燥しやすいフェイスラインや口周り、顎に発生します。

そのため思春期の頃と同じケアをしてもニキビは改善されず、逆効果になる場合もあるので対処法をしっかり覚えておきましょう。上にも挙げたように、フェイスラインや口周りなど乾燥が原因で出来るニキビには、保湿をしっかり行うことが大切です。過剰な洗顔をしたり、化粧水のみのケアで済ませてしまうのは避けましょう。また、顎は男性ホルモンが活発に働く部位であり、他の部位よりも皮脂が多く分泌され毛穴が詰まりやすくなります。

生理前は男性ホルモンの影響を受けやすくなりますが偏った食事や睡眠不足、ストレス、極端なダイエットなどでもホルモンバランスは崩れてしまいます。バランスの取れた食事を摂り、適度な運動を取り入れてしっかり睡眠をとるように心がけましょう。

特にビタミンB群をはじめとしたビタミン類は肌の調子を整える為に欠かせない栄養素なので積極的に摂取するようにし、反対に糖質や脂質の過剰摂取、刺激物は胃や消化器官などの内臓に負担をかけ、肌の状態も悪くさせてしまいます。デザートやおやつを食べる際はケーキやスナック菓子ではなくビタミン豊富なフルーツにしたり、酸化しやすい揚げ物などは量を控えめにするなどの工夫をし、体内からもニキビケアをしていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *