ニキビがあるからとクリームを避けるのはだめ

ニキビができやすい肌質だと使用するスキンケアもオイルが含まれていないものを使用するなど、つい配慮をしてしまいます。

しかしこのお肌に良いと考えていた配慮が、実はニキビができやすい肌質の改善にストップをかけていることもあります。いつまでも悩まされるニキビ、とくに10代から同様のトラブルを抱えていた人は今一度自身が使用しているスキンケア用品を見直す必要が出てきます。10代のころと同じような皮脂カット機能の高いスキンケア用品を使用していたりしませんか。大人になってできるニキビのメカニズムは10代のできるメカニズムとは異なります。

皮脂が盛んでできる10代とは違い、大人のニキビの原因のほとんどがお肌の乾燥が原因であるとされています。よってこのような状態にはむしろある程度バランスよく油分が含まれている保湿クリームをスキンケアに加えてあげることが、よい結果を招いていくれます。まず保湿クリームを使用することで、お肌のごわつきを改善でき、水分がないために固くなった古い角質が毛穴を覆い邪魔していたデメリットが消えます。

次にお肌の乾燥を改善することができるので、柔軟なお肌を手に入れることができます。水分と油分のバランスも整い、潤いに満ちたお肌は乾燥により過剰に生産された皮脂を止めることができます。今まで避けていた保湿クリームを取り入れることは賢い選択といっても過言ではありません。現在使用しているスキンケア用品を捨てるのではなく、最後のお手入れに加えることで簡単に実行できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *