エステと美容外科のヒゲ脱毛の違いについて

男性の場合は、薄い濃いに拘らず10代の前半よりヒゲが濃くなって、毎日剃らないとどんどん伸びていくので毎日ヒゲを剃る必要があります。

敏感肌の場合はヒゲを剃ると肌荒れを起こしたり、ヒゲが濃き場合は毎日長時間のヒゲ剃りが必要になるため、ヒゲ剃りの煩わしさから解放されるために、ヒゲの永久脱毛を行う人が増えてます。男性週刊誌やネットで、ヒゲの永久脱毛についての広告が沢山掲載されてますが、美容エステと美容外科が行うヒゲ脱毛の方法は全く違います。美容エステのヒゲ脱毛は、医療機器は使えないので、美容用の光脱毛で行います。

光脱毛のメリットは、光照射で毛根細胞を弱らせ縮小させていく方法で、比較的痛みが少なく、安く行えることです。光脱毛のデメリットは、毛根細胞をゆっくり弱らせていくため、施術回数と施術期間が長く掛かってしまう事と、毛根細胞を一時的に弱らせるだけなので時間が経つとヒゲがまた生えてくる事です。美容外科のヒゲ脱毛は、強力な医療用レーザーで、毛根細胞そのものを焼き潰します。医療用レーザーのメリットは、毛根細胞を焼き潰すのでヒゲを永久脱毛できる事と、施術回数が少なく短期間で施術が終了する事です。

医療用レーザーのデメリットは、毛根細胞を消滅させてしまうので、またヒゲを生やしたくても二度とヒゲが生えてこない事と、施術中は麻酔を掛けますが麻酔が切れた後にかなりの痛みがある事です。医療用のレーザーによるヒゲ脱毛は、保険対象外なので料金が高い事もデメリットです。エステと美容外科のヒゲ脱毛のメリットでデメリットを考えて選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *